11月の珈琲豆半額セールのお知らせ

今月の珈琲豆半額セールのお知らせです。

11月14日(月)〜11月25日(金)PM10:00までがご予約期間
11月21日(月)〜11月27日(日)までがお引き渡し期間となります。
商品は予約をしていただき、二日後以降のお引き渡しとなります。

ご注文方法は
1:TEL 024-523-4035までに電話注文
2:注文書をDLしていただき、FAX送信
3:お問い合わせフォームより、珈琲豆の注文
※こちらは通販用の申し込み案内となります。商品はセール終了後に一括発送となります。
4:LINEトークでのご注文
※上記の注文はPM8:00までにお願いします。
PM8:00以降のご注文は次の日の受付となりますので、受け取り日にお気をつけ下さい。

■こちらから折り返しお電話をする場合がございます。
その際は024-522-4001の番号からおかけします。

■DLはこちら:珈琲豆注文書
※右クリックでリンク先のファイルをダウンロードして下さい。

近年多くのコーヒー消費国の、より高品質で個性的なコーヒーへの需要から生産国も豆の 品質や香味を重視するようになり、トレーサビリティ(流通経路)が明確化されるようにな ってきました。そんな中でトレーサビリティが明確な豆の香味を、カッピングテスト《1.フ レグランス/アロマ(香り)2.フレーバー(風味)3.酸味4.コクや口あたり5.バランス6.余韻 7.採点者の主観》で採点し、80点以上を獲得した豆だけにスペシャルティコーヒーという 高品質の称号が与えられます。 SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)ではロー グレイド、コマーシャル、プレミアム、スペシャルティと4段階に品質を位置づけています。

・コロンビア アルティチュード 「天空」
(柑橘系の心地よい酸味。繊細だがしっかりしたボディ。)
 南米コロンビア、は昔から良質なコーヒーを産出する国です。今回はその中で も有数のコーヒー生産地アンティオキア県東部の、より標高の高い山岳地帯で生産されたコーヒーです。

ペルー エル・グリンゴ農園 (Cup Of Excellence Peru 2021)
(青リンゴのように爽やかで華やかな酸味。)
農園の標高は1650m、カンポトレド地区に位置します。 農園を始めた頃はアクセスが悪く、飲み水の確保や道路などがあまり整備されて いませんでした。懸命にライフラインの向上に努めた結果、農園へのアクセスは 改善され、ゲイシャ種なども植えることができるようになりました。 今後より素晴らしいコーヒーの生産を期待できる農園です。

・エクアドル エル・メリディアノ農園(Cup Of Excellence Ecuador 2021)
(ゲイシャやエチオピア系のフローラルな上品な味わい。)
この農園は、多くの豊かな水源と、渓谷に囲まれた美しい景色に恵まれていま す。 恵まれた環境で、コーヒーの木も よく成長し、精製も良好に行われていま す。品種の改良にも積極的です。 ~ティピカ・メホラード品種~ ティピカ・メホラードとはティピカの良交配種(詳細不詳)の現地での呼び方 です。当初ゲイシャとして入手した種が実際にはティピカ品種であった可能性が 高く、生産量がティピカやゲイシャよりも良好であったことから、スペイン語で 「より良い」という意味の「Mejorade」を付け、区別してティピカ・メホラー ドと呼ばれるようになりました。